Ir al contenido

Colombia Guía oficial de viajes

La respuesta es Colombia
Get information
portadilla_colombia.jpg

Estás en:

ホーム / 国際的な観光客 / コロンビア

コロンビア一般情報

Calle del barrio La Candelaria, Bogotáombiano

ボゴタ、カンデラリア地区の通り

生物多様性と魅力にあふれるトロピカルな国コロンビアへようこそ!様々な地形、神秘と冒険にあふれる歴史、人々、文化は、何世紀もの時代を超えて世界から愛されてきました。最高級のコーヒーやエメラルドが世界的に有名ですが、それ以外でも、コロンビアは、エルドラド伝説の舞台、マコンドの神秘的な世界としても有名です。

まだ、これらを知らない場合は、私達のホームページを検索することをお勧めします。コロンビアに来るということは、新世界を発見することなのです。

Bandera Nacional de la República de Colombia

コロンビア共和国の国旗/ 写真: el_cafe/

コロンビア共和国の国旗

コロンビア人が、自分の国に対し誇りを感じているには理由があります。地域によって異なる大自然のコントラスト、驚くほど豊富な動植物、多様な民族、豊富な文化・芸術遺産などがこの国にはあるからです。.

また、コロンビア人は世界に対し、自分達のアイデンティティーを感じるシンボルやものが多くあることも知っています。それらは、私達の日常生活やお祝い、記念日、特別な機会の中にあります。コロンビア人であることの誇り、私達の起源と属するものを意味し、私達の存在を肯定し、安らぎを保証するものです。多様なコロンビアを一つにまとめるシンボルなのです。

黄色は富を、青は国が持つ二つの大洋を、そして、赤は私達の英雄が流した血を意味します。

フランシスコ・デ・ミランダ将軍によってつくられたコロンビアの国旗は、ラ・ベラ港にて1806年3月12日に初めて使用されました。1861年11月26日に正式に採用となりました。黄色、青、赤という基調色がインスピレーションとなりました。

コロンビアの国章

コロンビア共和国の国章は、横に三本の帯があります。アンデスの鳥コンドルは自由を象徴しています。正面を向き、翼を広げ顔は右を向いています。くちばしには緑の月桂冠をくわえ、その下に流れるリボンは盾と月桂冠と交差しています。このリボンには、金地に黒字で自由と秩序という国のスローガンが書かれています。

Escudo Nacional de la República de Colombia

コロンビアの国章

盾の3本の帯の内、上段の青い部分には、開いた金のザクロがあり、同じく金の茎、金の葉と共に描かれており、これは、19世紀までのコロンビアの名前であったヌエバ・グラナダ(新しいザクロの意)を表しています。その両端には二つの牛の角があり、右の角には、金貨と銀貨、左の角にはトロピカルフルーツが入っています。これは国土の豊かさを象徴しています。真ん中の白い部分には自由のシンボルであるフリジア帽が描かれています。

国鳥

アンデスのコンドルは、飛ぶ鳥の中では世界最大です

その大きさと威厳のある飛び方から、アンデスのコンドルは、国鳥と定められています。コロンビアの国章にも描かれ、国家の栄光を代表しています。

この国鳥は一日で300km飛ぶことができます。羽の色はほとんど黒で、メタリック調に反射し、表面に白い帯状の模様があります。さらに、首は、襟のように白く、雄は頭の上に赤い肉厚のとさかがあります。

Orquidea cattleya, flor nacional colombiana /Fot. http://www.flickr.com/photos/adrian-afonso/2889248559/sizes/o/.

コロンビアの国花カトレア/ 写真: adrian-afonso

国花

「5月の花」「5月のユリ」とも言われる蘭の一種、カトレア・トリアナエは1936年からコロンビアの国花です。正式名称には、コロンビアの自然学者ホセ・ヘロニモ・トリアナの名前が敬意を表す形で用いられています。標高1,000-2,000メートル、気温が17-24℃の温暖気候によく見られます。

国樹

コーヒー生産地域であるキンディオ県、ココラ渓谷ではワックスヤシが育ちます。強く、70mにも達するほど長く成長するのが特徴です。

Palma de cera del Quindío /Fot. http://www.flickr.com/photos/paulhs/3173102586/sizes/o/.

キンディオ県のワックスヤシ/ 写真. paulhs

コロンビア音楽

クンビアは、ギニアのダンスがもととなったとされています。先住民、アフリカ、ヨーロッパの音楽と文化がマグダレナ川デルタ地域で融合して生まれたものです。

クンビアはスペイン、先住民、アフリカの要素を組み合わせたものです。何組ものペアのグループで円をつくり、手には火がついたろうそくを持ち、太鼓とガイタの音楽に合わせて踊ります。

今日、バジェナトやコロンビアポップが世界のミュージックシーンでも主役になっています。コロンビア音楽は流行を作り出すことができるのです。

クンビアは世界に誇れるコロンビア伝統音楽です。

国のスポーツ

ムイスカ族のトゥルメケを近代的にしたテホは、クンディナマルカーボヤカ地方で500年以上前から行われてきたスポーツです。ゼプグアゴスクアと呼ばれる金盤を投げるスポーツで、何世紀もかけて、現在コロンビアとその周辺国で楽しまれるテホというスポーツに発展しました。

現在では、鉄でできたテホをボシンと呼ばれる金属でできた輪の中に投げます。ボシンのまわりには「メチャス」と呼ばれる火薬が入った小さな袋が置かれます。

この火薬を多く破裂させることができた人が勝ちです。かつては、このゲームをするときは、先住民達はとうもろこしを発酵させてつくる酒チチャを飲みながら行ったのですが、現在では、ビールを飲みながら行います。

国家

1887年、カルタヘナの独立記念日11月11日を祝うため、ラファエル・ヌニェス作詞、イタリア人オレステス・シンディーシ作曲で作られました。1920年10月28日に施行された第33法により、当時のマルコ・フィデル・スアレス大統領が国家に定めました。

コロンビアの国家を聞いてください!

';}?>
.
後援:

Ministry of Commerce, Industry and Tourism Fondo de Promoción Turistica PROCOLOMBIA