ティント(一杯のブラックコーヒーのコロンビアでの呼び名)の風味は、アルメニアのボリバル広場で特別なものになります。ボリバル広場は、現在ではコーヒーが栽培されている山々の困難を克服した開拓移民が、19世紀に建設したこの都市の中心です。2つの彫刻品。Roberto Henao Buriticá作の「解放者」と、Rodrigo Arenas Betancourt 作の「努力の時」が、広場の中心にあります。