パーティーの中心であるゲッセマネは、「ソナ ロッサ」と呼ばれます。コンベンション センターの近隣は、街のもとである文化的な混合の例であり、通りは、サルサやクンビアに合わせて踊るためのバーやクラブを求める外国人やコロンビアの他の地域からの人々で溢れています。誰もが踊れるように、家々からは音楽が響きます。