ハルベオ(Herveo) タワーは、1915年から1968年の間、マニサレスとマリキタを結ぶ71.8キロの空中ケーブルを支えていた376の建造物の1つでした。ケーブル タワーとしても知られるこの塔は、木で作られている唯一の塔でした。なぜなら、第二次世界大戦中に、元々の鉄を運んでいた船がドイツの潜水艦により大西洋で撃沈されてしまったからです。建造物は、高さが約50メートルあります。