13,503個のカールしたクミン材を使用した内部構造は、清貧の聖母マリア教会(Cathedral of Our Lady of Poverty)の屋根を支え、最も顕著な特徴のひとつです。ボリバル広場の西部に位置するこの教会は1890年に建てられ、1952年12月にローマ教皇ピウス12世によって大聖堂に昇格されました。